〇「もう疲れました」「しばらく休みます」が言えない社会構造。。

僕の常日頃感じて居るコト、克服して頑張ろうとして居るコト、の「両方」です。

とにかく「責任とリーダーシップが一部に集中して、疲れてしまう」「休めない」のです。

物事を進めていくには、もちろん「個人」もありますが、たいていは「組織を作り立ち
向かいます」。そこには多種多様な参加者が居るにも関わらず、30年前にも僕は
強く感じて居たのですが、とにかく「もうちょっと疲れました」「休養をください」と言えな
いのです。30年前の僕は「だから金持ちがやれ」とか「期待し過ぎないでくれ」とか、
(笑)「精神病」もあってか散々喚き散らして居た時期があります。

今はさすがに病気もその時と比べれば良くなり、第一「こころの支え」の彼女が居て、
成長もしましたからそんなコトはありません。

でも、とにかく忙しい。疲れる。休めない・・・。僕は今の歳で有り得る最悪の「体調」にま
で落ち込んで居ます。それでもやはりいろいろなコトを「休めません」。それだけ「必要と
されて居る」と「自己を肯定するにはいい動き」なのですが、「疲れ切って」「もう休みたい
」はついぞやはり言い出せません。

やはり社会が激変していき、この国を襲う自然災害もハンパ無くなっててきましたから
、そういう側面はあるのでしょうが、たとえば、りさちゃんも表舞台からは去りました。ご
記憶に新しいところでは、今日安室奈美恵さんが引退なされます。「死ぬまで続けられ
ない」「もうひと区切りしたい」が実は本音でしょう。そうでなければ、続けて居るハズで
す。

だからそこは「長く活躍してもらいたいなら」「しばらくの休みの間はみな周囲で埋めて
あげる」とか、「今日はもう帰って、よーく休んで明日にしよう」の一言が、どうしても欲し
いワケです。

最近は「体調悪化」で「休みやすく」なりました。でも「体調が悪くなったから」です。それ
まで無意識にかかっていた「プレッシャー」「精神的負荷」には計り知れないモノがあり
ます。そこは周囲で気遣ってあげるコトです。「長くやってもらいたい」のであれば・・・。

とにかく首相がああですから、しばらくは何事も休めません。(笑)それにしても「疲れる」
「休みたくなる」。もう僕なんかは「レジャー」と言われるような行動は5〜6年して居ませ
ん。

そこを気遣ってあげられる社会・・・。僕が今イチバン望んで居るコトです。そして組織で
大なり小なり「責任を背負っている」方々はみなそうではないでしょうか?



☆彡


Sep/16th/2018


Previous

オリックスVIPローン    
 

このコーナーでは、混迷の度合いを増す現代を生き抜くために、僕「まさと」のモノの考え方、
モノの見方を、毎回テーマを設けてカンタンなコラム的にお送りします。
名づけて「時代の羅針盤」。聴き(読み)終わったら辛口のご批評も、ブログのコーナーでお待ち
しています。