○最後の春休み by 松谷屋由実





卒業〜出会いと別れのシーズンです。そんな「卒業ソング」は
もう音楽シーンに溢れかえってます。有名なモノもあれば、そう
で無いモノもあれば・・・。

でも、僕がなんと言っても大好きな「卒業ソング」はコレなんです


1979年発表のアルバム「OLIVE」の4曲目に収録されている
「最後の春休み」という曲です。

実は、コレ、知る人は知ってる。そして僕と同じように大好きと
答える人もかなり多い、隠れたユーミンの名曲なんです。

僕はLPレコードで持っているのですが、当然今の時代、CDでも
手に入ります。i-tunesとかはどうなんだろ?

もう今の子たちには分からないかな・・・。(笑)高校在学中想いを
密かに寄せていたクラスの男子が居て、目立たない彼女は言葉
すらあまり交わしたコトが無かった。そんな彼女が、卒業してから
の「最後の春休み」に忘れ物をロッカールームに取りに行きます。
そこで想い出す彼のコト・・・。もうそれぞれ別々の道を歩み、電車
で目がたまに合っても、もうお互い同じ制服は着ていない・・・、と
言う乙女チックな歌詞なんです。いいんです。ホロっとします。じー
んと来ます。今でも「卒業」にはピッタリの曲なんじゃないのかなぁ、
と僕なんかは想っているのです。o(^-^)o

とにかく聴いてみてください。隠れた名曲です。知る人ぞ知る・・・。

この季節、こんな淡い恋してる若い女の子は居るのでしょうか?
居たら、将来きっとステキな恋に花が咲きますよ。とっても純粋。
ステキ。

ちょっと「少女マンガ」っぽい、ユーミンにしてはめずらしい歌詞
なんですが、機会があったら聴いてみてください。そして年頃の
娘さんかなんかに教えてあげてください。

僕からのこの季節、オススメの「卒業ソング」でした・・・。♪




(TOCT-10640 EMI Music Japan¥2500)


Mar/5th/2013

Previous




最近僕が聴いた音楽の中から「オススメ音源」をご紹介します。♪