〇政府・日銀は株式市場から手を引け!!

今大体、東証株価の心理的抵抗線は21000円台と言われて居ます。「投資家心理」と
いうモノです。コレを下がると投資家が一斉に「売りに転じる」のではないかとみられる
額がこの辺りというコトです。

未だ政府・日銀は「アベノミクス」「超量的緩和」などと言っていますが、東証株価の時
価総額の30%ぐらいが、政府・日銀による「買い支え」なのです。純粋「民間資本市場」
では無いのです。

政府は年金資金を持ち出してまで、株価維持に一生懸命です。その分、市場で「売り」「
下降」の局面で買い支えするのですから、全部「スる」と同じです。リターンなぞはありま
せん。ですから帳尻を合わせるために「年金支給開始年齢を引き上げ」ようとして居るの
です。「年金原資が足りない」からです。言うなれば世間で言う「70歳まで働け」と言う例
のモノです。

また愚かにも何年続けても達成できない「物価2%上昇によるデフレからの脱却」を、も
う「やけくそ」なのか、(笑)まだ国債を刷り、それを売るコトで資金を調達しては株式市場
に「投資」して居ます。正確に言えば、コレは「投資」とは言いません。「無償であげて居
る」んです、株式市場の参加者に。その額は累計で600兆円以上とも言われて居ます。

将来どうやって「償還していくつもり」ですか?一部では「国債の売買が成立しない」とい
う自体までたびたび発生して居ます。

その分株の高騰分、各企業の資本益となり、生産・消費が活発になればそれに越した
コトはありません。しかし大企業の内部留保が巨大に膨れ上がる一方で、庶民の実質
賃金と経済格差はますます広がるばかりです。

と同時に「超低金利政策」、場合によっては「マイナス金利政策」を採り続けて居ますか
ら、各銀行は収益を上げられずに、個人ローンの手数料とか、それぐらいしか「儲け」の
方法が無く、メガバンクと言えど「大リストラの嵐」が吹き荒れて居ます。

もう辞めなさいな。そんな馬鹿な政策。東京オリンピックまで続けて居たら、その後は大
不況ですよ。その五輪施設の建設費でさえ、徐々に未だ高騰を続けて居ます。原資は
税金です。

この5年間で、社会保障費総額は3兆円以上も減らされました。民主党政権末期の野田
内閣の「3党合意」は、「消費増税分は全額社会保障費に使う」だったハズです。3党合
意ですから、旧民主党無き今でも、自民党・公明党にはそれを守る義務があるハズです。

僕の勘ですが、大体今の日本経済の強さ、全国規模でみた場合ですよ、(笑)東証株価
14000円台ぐらいでちょうどいい、とみています。その10000円上乗せは国のお金で
す。

いい加減止めなさい。こんな馬鹿な経済政策。防衛省の軍備調達リボ払いローンも、5
兆円を超えているらしいじゃないですか。どうするんですか?そんな大金。この先。

「国債償還時」とともに「国債暴落」、もちろん株価は必要以上に反応して大暴落、オリン
ピック閉会を契機に奈落の底へと突き落とされますよ。

もう株価は自然の流れに任せるべきです。今なら賢く「売り」「買い」「売り」を続ければ、
投資家も大損はしない瀬戸際の段階です。

緩和した金融は、大企業の内部留保として、株式・国債などの「債権」として値上がりし
る状態で保有されて居ます。決して現金化して一般労働者には還元できない性質のお
カネに化けてしまっているだけです。

もう止めなさい。「失敗したアベノミクス」などと言う馬鹿な経済政策にすがるのは・・・。

今からでも遅くありません。来るべく高齢社会、そして30代を中心とする「谷間の世代」
の生活を保障してあげるべく、社会保障を充実させていく方向に舵をとりなさい。

そんなコト言っても今の政策続けるんでしょうけれどねぇ。それならばこちらにも考えが
あります。来夏の参院選では自公に大敗してもらいます。それまで病気治して、本気
出して選挙戦闘いますよ。

とにかく日銀・政府は経済政策を改めなさい。ホントいい加減にしろ、です。



☆彡


Nov/10th/2018



Previous




昨今の社会そのものや流行を独自に斜めに観察することで、何かしらのモノの見方のキッカケを
提供するコーナーです。