〇Political Forecast

自分のメンタル、すなわち「精神安定」のためにも、そしてイチバンこうなっていくであろ
うと、「日本国憲法を守る」考えの方々には「安心」(「慢心」ではありません。)していた
だくために、お聞かせします。

最新の新聞各紙の世論調査からの「推測」に過ぎませんが、「政治」はこのように進ん
で行くのではないか、と僕なりの考え方をお聞かせしようと想います。

沖縄県知事選はまだ結果は予測できません。ですから「辺野古基地移設」問題がどう
なっていくかは、今現在の、そしてコレからの頑張りにかかってきます。

ただ、「日本国憲法を改正するか否か」という点に関しては僕はこう考えて居ます。

「自民党総裁選挙」では安倍氏3選でしょう。そしてもう堂々と彼が公言して居るのが、
「(集団的自衛権を有する)自衛隊の存在明記」に「憲法9条を改正する案」を自民党
として、秋の臨時国会に提出するというコトです。

ココで、自民党と連立政権を組む公明党の動きが重要になってきます。果たして、自
民党改憲案にやすやすと乗るでしょうか?そして日本共産党を含めた立憲野党群は、
「憲法審査会」にも出席せずに、自民党の改憲案を無視する構えです。そして何より
「憲法改正に必要な国民投票法の改正案」が審議されて国会を通過して居ません。コ
レは「同じ国民投票でも投票率は最低何パーセントは必要か」などを決めるモノです。

ただし、公明党・日本維新の会の賛成を得られれば、自民党はこの2つをすっとおり越
して、「憲法改正案を発議」できます。いわゆる「強行採決」と同じ手です。

そして最悪そうなっても、もちろん「慢心」はいけません。日々の活動が重要なのは最も
なのですが、おそらく「国民投票では過半数否決される」でしょう。・・・と感じます。正確
ではありませんが。

そうした際に安倍内閣は「衆院解散総選挙」に打って出る可能性があります。「もう1度
改憲発議が可能な3分の2の議席獲得を狙って」です。その際なんですけれど、ココで
重要なのは、今度こそ小選挙区での無用な共倒れを避けるために、日本共産党・国民
民主党の左右の幅両方を視野に入れて、広範な野党の選挙協力ができて、自公政権
に対抗できる選挙ができる体制を整えられるかにかかってます、そのうえでさすがにこ
の国の有権者は自公政権にもう「3分の2はさすがにやらないのではないか」という「希
望」です。もう懲りたでしょう。自公政権の横暴には・・・。

かと言って野党共闘には「共通の政策軸が無い」とよく言われますから、「脱原発」「反
安保法制」「経済格差縮小」「安心できる社会保障制度の構築」などで、「共通認識」を
ともにしていく努力をする必要がありますし、またそれ無しには投票棄権者が増えてし
まいます。

・・・と。こんな風に「政治」は進んでいくのではないでしょうか。ただ「被災地支援」は最
優先。まず「補正予算案」を与野党で話し合って通してから、です。「モリ・カケ」の追及
も野党は手を緩めないでしょう。ただ安倍氏がたとえ去っても、自民党改憲派はごろご
ろ次の成り手が居る、という事実です。ぜひとも「3分の2を削ぐ選挙」を立憲野党群は
しなければならない。

と。僕の感じている、考えて居る見通しをお聞かせしました。「ふーん。そうなんだぁ。じ
ゃあ安心だ。何もしなくていいのねん」じゃ無くて、コレからも日々の行動・活動・思考が
より大切になってくるコトには変わりない、と結んで、僕のお話しを今回はおしまいにし
ます。



☆彡


Sep/16th/2018



Previous




昨今の社会そのものや流行を独自に斜めに観察することで、何かしらのモノの見方のキッカケを
提供するコーナーです。