海外の放送局を中心に海の向こうの様子をレポートします。




年が明けて最初の海外の放送局紹介。今回はイランです。うーん。「オマエはなんで
そう今の世界情勢で問題アリとされている国ばっかり取り上げるのだ?」と糾問されそ
うですが、(^_^;)国内メディアからの報道も片目に、何より当事国からの(対外宣伝用と
いう側面はあるにせよ、)発せられる生の放送こそ、まずは耳を傾けてみて、それに対
して意見や感想、主張を表明するというのが、実は「民間外交」の第一歩のような気が
僕はするんですよねぇ。現職のアメリカ大統領をして「悪の枢軸」と名指しされたイスラム
の国。この国からも日本向けの日本語放送が発せられてます。


IRIB(Islamic Republic of Iran Broadcasting )ラジオ日本語

日本時間 22:00〜22:30 (イラン時間 16:30〜17:00) 【Live】

  周波数  9510KHz(31mb) 9640KHz(31mb)


生放送の翌日、日本時間 6:00〜6:30 (イラン時間 00:30〜01:00)

  周波数  6145KHz(41mb) 7185KHz(49mb)


Islamic Republic of Iran Broadcasting
World Service - Japanese Radio
P.O.Box: 19395-6767  Tehran  IRAN



放送局の存在自体を知り、聴取した僕は昨年の5月に以下のような受信レポートを
送付しました。ご存知のとおり、現在、欧米を中心とした六ヶ国会議が、イランの核開
発問題をIAEA(国際原子力機関)から国連安保理に付託するという瀬戸際、この問
題はたいぶ以前から国際社会で問題視されていたので、私見を感想とともに送った
ワケです。m(__)m

 
受信日時: 2005年 5月 3日 6:00 6:27 JST(GMT+9hours)

受信周波数:     12,010  khz 25 mb

受信内容:     時間                             内容

       6:00 〜 6:02    時報、ID,開始音楽                       

       6:02 〜 6:04    コーラン第112章                      

       6:04 〜 6:06    「先生の日」について。天気晴れ、テヘランの気温18
                  
27℃、開始アナウンス、URL紹介
           6:08 〜 6:16    ニュース…イスラム革命最高指導者ハメネイ師・
                  
核技術の保持について維持していくと声明、学生代表と
                  会談、自衛隊のイラク駐留反対の日本の団
体がアラビ
                  ア語の新聞で意見広告掲載、ほか。

       6:16 〜 6:17    ニュース解説…イランの核技術の保持について 

       6:17 〜 6:25    イラン紀行…フーゼスタン州について。とくに農業
                 ・野菜の主要産地としての特徴について。
     
   6:26 〜 6:27     終了アナウンス、URL紹介。終了音楽
                    

感想:  現NPT核不拡散体制には現核保有国と非核保有国との間に核軍縮の進展停滞に
     立と疑義があると訊きます。また大国アメリカの対イスラム圏政策には、現イラ
     ク戦争後に関しても言えますが、日本の進歩的知識層も懐疑の念を抱いています。
     またイランが他国の核技術保有指摘を「内政干渉」と唱えるのも実は「主権国家」
     の平等からはそうであるとも考えます。核エネルギーが世界各国で同時に兵器か
     ら平和利用へと発展・解消していく時代を夢見つつニュースを拝聴させていただ
     きました。イランの地域の紹介は興味深いものでした           
                         

                                         

ちょっと今から考えると甘かったな(^_^;)と思える感想で送っちゃいましたが、まっ、要は海
外の放送局とコンタクトをとり、意見表明するのはこの方法がベストというコトです。(^-^)
で、返信に次のような受信確認証、番組表、イラン国内発行の英文雑誌などか送られて
きました。



























以下は英文雑誌にあった、イランサッカー代表選手の記事の抜粋。


イランがどのような国かは、それこそネットとかでいろいろ調べてもらって、直接放送を
聴いて理解してもらうことにして、こんな遠くのイスラムの国からも、ラジオに耳を傾ける
と日本語でその主張が聴こえてくる・・・、今回はそんな紹介でした。m(__)m


Feb/1st/2006

Previous

 

 

 

 

  OMCの横浜・湘南パス OMCキャンパルカード